30

【保存版】上手に染めれる!セルフカラーのコツをご紹介します♡

コスメ
2019年05月27日
セルフカラーをするとムラや色が染まってなかったりしますよね。今回は上手に染めるコツを紹介するので参考にしてみてください♡
応募終了

失敗知らずのセルフカラーのコツは?

美容院に行く時間を省けて好きな時にカラーができるセルフカラーは手軽で安くて嬉しいメリットがいっぱい。

しかし、セルフカラーをすると色がムラになっていたり髪の毛の中の方が染まっていなかったり、頭のてっぺんだけが染まりすぎていたりなど意外に難しいのが難点です。

今回はそんなセルフカラーをなるべく失敗しないようにするコツを紹介するので、セルフカラーを初めてする人や上手に染めたいと思っている人は参考にしてみてください♡

1.髪の毛をブロッキングする

ムラなく染めるために大事なポイントが、ブロッキングすることです。

この工程をするとしないとでは仕上がりの差がかなりでてくるので、少し面倒だなと思っても必ずしましょう♪

ショートヘアの人は上下に分けるだけでも大丈夫ですが、ミディアムヘアやロングヘアの人は・前髪・顔まわり・残りの髪の毛の上、中、下に分けます。

このように細かく分けるととっても塗りやすいし、ムラになりにくいので大切なポイントです♡

塗り始める場所は襟足から!

ブロッキングができたらいよいよカラー剤を髪の毛に塗ります。

まず初めは染まりにくい襟足を毛先から根元に向かって塗り、ブロッキングした下の段から塗っていき、次に中の段、そして上の段と塗っていきます。

後ろの部分が全て塗り終えたら次は両サイドの顔まわりの髪の毛を塗っていき、最後に前髪を塗りましょう。

毛先や髪の毛の真ん中部分は揉み込むように塗るのがおすすめです♪

規定の時間を置いて最後に乳化をする

乳化とはカラーを全体に馴染ませて色を均一にしたり色を定着させる効果があり、とても大事なポイントになります。

乳化の仕方は簡単で、洗い流す2.3分前に少しのお湯を頭全体に揉み込みます。

乳化ができたら最後にシャンプーとリンスで綺麗にカラー剤を洗い流し、トリートメントで髪の毛に栄養を与えてください。

できれば乾かす時に洗い流さないトリートメントをつけると髪の毛の表面を保護してくれるので洗い流さないトリートメントを持っている人は是非使いましょう♪

丁寧に手間をかければ綺麗にセルフカラーができる♡

少し面倒だなと思う工程や丁寧にカラー剤を塗布することでお家でも綺麗にカラーができます♡

最初は難しいかもしれませんが、コツを掴めばプロ並みの仕上がりも可能なので自宅でセルフカラーリングを楽しんでくださいね♡

セルフカラーした後のケアも忘れずに♡エチュードハウスの「シルクスカーフ ダブル ヘアマスク」を30名様にプレゼント

エチュードハウスの「シルクスカーフ ダブル ヘアマスク」

セルフカラーをするときはやはりダメージが気になってしまうもの…

そこで今回はエチュードハウスの「シルクスカーフ ダブル ヘアマスク」を30名様にプレゼントしちゃいます!

ヘアエッセンスとヘアキャップがセットになっているので、自宅でサロン級のケアができる画期的な商品なんです☆髪の毛が生き返るのでぜひ試してみてくださいね♡

皆様のご応募お待ちしております!

応募終了
RELATED ARTICLE