5

【3CEファン必見!】リップコレクターが本気でオススメするティントが登場♡

コスメ
2018年10月11日
韓国の大人気コスメブランド・3CEより発売中の《テイク ア レイヤー ティンテッド ウォーターティント》。他のウォーターティントとは桁違いに優秀な、その実力を今回は塗り方のコツと一緒にご紹介します。
応募する

みなさんこんにちは。
基本ずっと食べてるから色落ちしづらいティントしか使わない、ライターのななみです♡

ウォーターティントって素晴らしいですよね。
食べても飲んでも色が落ちないし、服につく心配もない♡

今回は私の激推しティントをご紹介します♡


3CEのティントに最強のシリーズが登場♡

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント

その名も《テイク ア レイヤー ティンテッド ウォーターティント》。
お値段は¥1,800(税抜き)で、色は全5色。

みずみずしいカラーが唇に染み渡り、血色感のある唇にしてくれます♡

外見のデザインもとってもおしゃれ♡


マジで落ちない!!ツヤ・発色ともに最強♡

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント6

ティントって、つけた瞬間はみずみずしいのに
だんだん水分がなくなってシワシワ、カサカサしてきますよね?

でも《テイク ア レイヤー ティンテッド ウォーターティント》は驚くほど、その心配がないんです!!

私も使ってみてびっくり。本当に心からオススメします。


ティント特有のはみ出す心配なし!チップタイプで塗りやすい♡

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント2

平らで大きめのチップだから、塗りやすいし、リップラインも綺麗に描けちゃいます♡

塗り心地も抜群♡

ちなみにこの色は#FIG PINK という、オレンジっぽいピンクです。


実際に塗ってみよう!グラデーションリップの上手な塗り方講座♡

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント7

まずはこの色のない唇からスタート。
ここに、さっきご紹介した#FIG PINK を使ってみます。


Step1♡下唇の内側に色をつける。

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント4

内側からじゅわと広がる血色感は、とにかく綺麗なグラデーションが大事。
そのため、ティントを塗るときは内側から塗るのがポイントです!


3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント8

こういう感じでチップで直接塗ります。
この段階では範囲内になら、しっかりとティントを塗り広げて大丈夫です。


Step2♡下唇につけた色を、上唇につける。

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント3

下唇に色がついたら、唇を合わせて、上唇に色を分けます。
色があまりに薄すぎたらStep1をもう一度。


3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント11

こうです。「んま〜」って感じですね(笑)


Step3♡もう一度下唇の内側に色を足して指でぼかす。

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント5

紫の場所にもう一度ティントを塗ります。

あとは内側から外側に向かって、指でトントンして軽くぼかしていけば完成です♡


リップが主役の華やかフェイスの出来上がり♡

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント10

優しい赤が可愛らしく、華やかにしてくれます。

ちなみに私は《テイク ア レイヤー ティンテッド ウォーターティント》が好きすぎて、韓国に行った時に別のカラーを買い足しちゃいました♡

#INSIDE MAUVE という色は、この秋に重宝しそうな大人っぽいボルドーですよ♡


ほんとに一度使ってみてほしい!3CEの落ちない最強リップ《テイク ア レイヤー ティンテッド ウォーターティント》を5名様にプレゼント♡

3CE-テイクアレイヤティンテッドウォーターティント-コスメ-ティント

何本もリップを持っている私が夢中になってしまった《テイク ア レイヤー ティンテッド ウォーターティント》を5名様にプレゼント。

色も落ちないしツヤもあるし♡
試してみなきゃ損ですよ。

色は届いてからのお楽しみ。

ご応募は記事の一番下の応募ボタンから♡

sugumo特別連載企画♡#オトナ女子計画

最後まで記事を読んでくださったあなたにお知らせ♡

sugumo編集部では、ハタチが楽しみになるような特別連載「#オトナ女子計画」をお届け中。

#オトナ女子計画 の記事も是非チェックしてみてください。↓

“オトナ女子バナー”

応募する
RELATED ARTICLE